インプラント

インプラントとは インプラント治療の流れ 治療法の比較
症状別の比較 こんな方にお勧めします 骨がない場合
インプラント症例集

インプラントとは?

インプラントは、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然の歯と同じように強くて、美しい歯を取り戻す治療法です。

失った歯の代わりに人工の歯根(フィクスチャーとよばれます)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。隣の健康な歯を削ることなく、新しいご自分の歯が蘇る感覚です。

インプラントは、従来の治療法に比べて、健康な歯を削ることなく、見た目の美しさとかむ機能を回復できる最も優れた治療法といえます。

インプラント治療の流れ

1. カウンセリングと検査 カウンセリングと検査最初に検査とカウンセリングを行います。インプラントについての説明や治療の流れを説明しインプラント治療を正しく理解していただきます。検査については、全体の咬み合わせを調べるために歯形をとり模型を作ります。その上で咬み合わせのチェックをします。また、診断用のレントゲンをとります。当院ではもっと詳しい状態を把握するために、インプラント治療をお受けいただく患者さんには後日CT撮影をしていただいております。
2. 診断に基づいた治療計画の説明 診断に基づいた治療計画の説明検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。必要に応じて、あごの動きを再現できる器械を使って最終のかみ合わせをシュミレーションして治療計画の説明をします。
3. 虫歯や歯周病の治療 虫歯や歯周病の治療他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにインプラント治療はできません。インプラント治療の前に周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。むし歯や歯槽膿漏があるようなお口の環境ではインプラントが長持ちしないからです。
4. インプラント埋入手術 インプラント埋入手術人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。
手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。どちらを選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。
一般的には二回法が主流となっています。
5. 治癒期間 治癒期間埋入したインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨の状態や治療部位によって異なりますが、3か月から6か月ほど待ちます。
なお、この期間中は仮歯を入れますので日常生活には支障がありません。
(目安 上顎前歯/上顎奥歯:5ヶ月  下顎前歯/下顎奥歯:3ヶ月)
6. 上部構造の設置 上部構造の設置二回法の場合は、簡単な外科手術で歯肉を切開し、アバットメントと呼ばれるフィクスチャーにつながる土台を作る準備を始めます。一回法の場合は、 骨との結合が確認され次第、型どりをしてかぶせる歯の制作を開始します。
7. 上部構造のチェック 上部構造のチェック上部構造が出来上がったら、お口の中にいれてかみ合わせチェックをします。
8. 定期検診(メインテナンス) 定期検診(メインテナンス)3か月に1回のペースでメインテナンスを行います。
専門的な予防処置と検査を行います。これは、インプラントの部分だけではなく、他の歯についても行います。インプラントもご自身の歯と同様にメインテナンスを受けないと歯周病にかかってグラグラになってしまいます。お口全体の健康状態をずっと維持するために必ずお受けください。

治療法(ブリッジと入れ歯)の比較

インプラント

インプラント歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法です。

チタン製の人工歯根と骨が結合するので、がたつかず、天然の歯と同じようにかむことができます。

メリット デメリット
  • 自分の歯と変わらない感覚でかめるため異和感がない。
  • 周りの歯を削る必要がない。
  • 1本歯がない場合からから全て歯がない場合まで対応可能。
  • 見た目の仕上がりが自然。
  • 骨がやせない。
  • 外科的な治療が必要になる。
  • 糖尿病などの全身疾患がある場合、インプラントができないケースがある。
  • 治療期間が他の治療に比べて長い(治療期間中は仮歯を使えるので食事等に問題はありません)
  • 保険適用外で治療費が自己負担になります(医療費控除を受けられます)

ブリッジ

ブリッジブリッジは、失った本数が1〜2本の場合に行う治療法です。

歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、つなげた人工の歯でかぶせる方法です。

メリット デメリット
  • 入れ歯のように外れないので異和感がありません。
  • 人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます。
  • 連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。(保険内での治療の場合、歯の土台となる金属が唾液によって溶け出し、歯肉が色素沈着を起こすことが多く見られます)健全な歯を削るということは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットです。
  • 歯を支える歯根の数が通常より少ないので、その歯根には咀嚼時の負担が大きくかかります。なくなった歯の分まで隣の歯が支えなければならなくなるのでどうしても荷重オーバーになってしまうため長期的にみるとトラブルが発生しやすくなります。
  • 多数の歯がない場合にはブリッジが長くなるためできないことがあります。
  • 歯のない部分の歯肉がやせるとブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがあります。

入れ歯

ブリッジ入れ歯は、歯が多数なくなった場合や、両隣に支えとなる歯がない場合(奥歯など)に行う治療法です。

  • 部分入れ歯
    左右両方の奥歯を失った場合などご自身の歯がまだ残っていてその歯にバネをかけて安定させるタイプの入れ歯です。
  • 総入れ歯
    すべての歯を失った場合は、歯茎の上にのせる総入れ歯(総義歯)を使用します。
メリット デメリット
  • 一般的な治療方法なので、非常に多くの歯科医院で治療を受けることができます。
  • 素材によって保険内で治療できます。
  • プラスチックの床の部分が口腔内の大部分を覆うので装着時に異物感があり、発音しづらくなる。また、食事の際の味覚、触感、温度感覚が損なわれる。
  • 咀嚼効率が悪く、天然の歯に比べて二分の一から三分の一程に落ちるといわれています。
  • 安定のため金属のバネをかける必要があり、お口をあけたときに金属が見えることがあり見た目がよくありません。

症状別の比較

治療法 ブリッジ・入れ歯 インプラント
隣り合う歯を1,2本失った場合

ブリッジの場合は両隣りの歯を削らなくてはなりません。

インプラントの場合は両隣りの歯を削る必要がありませんし負担をかけることもありません。

奥歯を含めて複数本の歯を失った場合

人工の歯を固定するために金属のバネを健康な歯にかけます。
異物感を感じたり支える歯に負担がかかります。

入れ歯を固定する金属のバネがないので異物感がなく、他の歯にも負担がかかりません。

全ての歯を失った場合

いわゆる総入れ歯です。
入れ歯が口の中で動いてしまい「かみにくい」「話しづらい」などの不便さを感じることがあります。

インプラントにより入れ歯をしっかり固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しめます。

インプラントは次のような方にお勧めします。

  • 健康な歯を削るのが嫌な方。
  • 残っている歯を長持ちさせたい方。
  • 見た目が自然な歯にしたい方。
  • どうしても入れ歯になじめなくて悩んでいる方。
  • 何でもかめる喜びと自分の歯でかむ感覚をとり戻したい方。

骨がない場合のインプラント

あごの骨がうすい、足りないと言われた場合でもあきらめないでください。当院は口腔外科専門医との連携により、上あごの骨の量が少ない場合は造骨治療(サイナスリフトやGBR)を行っております。骨がないからとあきらめていた方でもまずはご相談ください。

サイナスリフト法

上あごの骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無くなると時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な上あごの骨の量(高さ)が足りなくなってしまいます。

そこで、人工骨をいれて上顎洞の底部分を押し上げ、骨が出来上がってからインプラントを埋入します。これがサイナスリフトという方法です。

サイナスリフト法

GBR法(骨再生誘導法)

歯を失ってから時間が経つと、周囲の骨が吸収されていきます。骨が不足している部分にインプラントは埋めれませんので骨補填材を置いて骨をつくります。インプラントの手術でGBRをしないことはほとんどありません。

ソケットリフト

ソケットリフト法は、特殊な器具を使って上顎洞の底の部分を押し上げ、押し上げた部分に人工骨を入れる方法です。サイナスリフトとの違いは、サイナスリフトが空洞までの距離が1〜3oで行うのに対して、ソケットリフトは3〜7oあるときに行います。インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から圧をかけて押し上げるので、骨を圧縮して固くできます。また、傷口が小さくて済むメリットもあります。

△ページの先頭に戻る

インプラント症例

にいざわ歯科・矯正歯科医院でのインプラント症例。

奥歯のインプラント

奥歯2本インプラント治療例

奥歯は咬み合わせの大黒柱で一番重要な歯です。

奥歯の抜歯後 インプラント埴立後 インプラントに歯冠装着
1. 奥歯の抜歯後   2. インプラント埴立後。
約2ヶ月骨との癒着を待ちます。
  3. インプラントに歯冠装着し終了

奥歯3本インプラント治療例

咬むことは健康と活力の源です。

  インプラント前 インプラント後  
1. インプラント前
下の奥歯の歯がありません。
入れ歯では安定が難しい症例。
  2. インプラント後
インプラント上に冠を装着しました。
入れ歯以上に何でも良く咬めます。

奥歯がないため咬合が低くなり顎の痛みのある改善例

治療前 インプラント7本植立後 インプラントに歯冠装着
1. 治療前
奥歯がなく前歯が磨り減って咬み合わせが低くなっている。
  2. インプラント7本植立後   3. インプラントに歯冠装着し終了
奥歯の安定した咬合で顎の痛みが改善した。

前歯のインプラント

前歯の抜歯治療例

インプラント実施 インプラント上に金属支台を装着した状態 インプラント上に金属支台を装着した状態 金属支台にセラミック冠を装着
1. インプラント実施   2. インプラント上に金属支台を装着した状態(左上)レントゲン写真と(右上)歯の写真   3. 金属支台にセラミック冠を装着。インプラント治療の終了。

前歯の抜歯治療例

  前歯の抜歯後 インプラント植立後  
1. 前歯の抜歯後   2. インプラント植立後
  インプラントに支台装着 インプラントに歯冠を装着
  3. インプラントに支台装着   4. インプラントに歯冠を装着

骨の増大手術 GBR+PRP

増骨手術GBR+PRPによるインプラント症例

骨幅が狭く低い GBR:増骨手術 骨幅と高さが増大した 歯冠装着し終了
1. 骨幅が狭く低い   2. GBR:増骨手術   3. 骨幅と高さが増大した   4. 歯冠装着し終了
骨が吸収した狭く低い歯槽骨 増骨手術しインプラント植立 インプラントに歯冠装着
1. 手術前:骨が吸収した狭く低い歯槽骨   2. GBR:増骨手術しインプラント植立   3. インプラントに歯冠装着、治療終了

骨の幅が狭く低い部位の増骨手術GBR+PRPによるインプラント

骨幅が狭く低い部位 インプラント+PRP骨補填材にメンブレン膜で被覆 インプラント埋入し骨幅と高さが増大した
1. 骨幅が狭く低い部位   2. GBR:増骨手術
インプラント+PRP骨補填材にメンブレン膜で被覆
  3. インプラント埋入し骨幅と高さが増大した
インプラントに支台装着 インプラントに歯冠装着
  4. インプラントに支台装着   5. インプラントに歯冠装着し終了

増骨手術GBRによる下顎前歯のインプラント

この治療を受けられた方の感想はこちらです。

  前歯下顎の入れ歯 違和感のある入れ歯      
1. 前歯下顎の入れ歯   違和感のある入れ歯    
       
増骨手術前 増骨手術後 インプラント
2. 増骨手術前
薄く低い歯槽骨
  3. 増骨手術後
骨幅と高さが増大した
  4. インプラントに歯冠装着
入れ歯より良く咬め、出し
入れせず快適
  インプラント前の薄く低い歯槽骨 増骨後のインプラント歯冠  
インプラント前の薄く低い歯槽骨   増骨後のインプラント歯冠

上顎サイナスリフト手術

サイナスリフト手術

この治療を受けられた方の感想はこちらです。

抜歯後 シュナイダー膜を挙上 インプラント植立実施
1. 抜歯後   2. 上顎洞側壁骨を開窓しシュナイダー膜を挙上   3. PRP+骨補填剤を充填しインプラント植立実施
サイナスリフト手術後 インプラントに歯冠装着
  4. サイナスリフト手術後
インプラントに支台装着
  5. インプラントに歯冠装着し完了

抜歯後、即時インプラント埋入術

抜歯した歯 抜歯部位にインプラント植立 隙間に骨補填剤を埋める
1. 抜歯した歯   2. 抜歯部位にインプラント植立   3. 隙間に骨補填剤を埋める
PPP膜で覆う 歯肉を縫合し手術終了
  4. PPP膜で覆う   5. 歯肉を縫合し手術終了

△ページの先頭に戻る

矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング
義歯(入れ歯) レーザー治療 顎関節症
一般歯科 予防歯科・定期健診  

子供たち集まれ!キッズクラブ「ハハハの会」のご案内

当院で治療をうけられた方の感想はこちら

矯正オリジナルパンフレットをプレゼント