映画 フクシマフィフティ50

院長の新澤です。

2011年3月11日に起こった福島原発事故は東日本を放射能汚染による半永久的な再起不能に陥りかねない事態となりました。何とか防ごうとする死と隣り合わせの事故現場の切迫感、悲壮感がリアルに伝わる力作です。

Fukushima 50』は、2020年3月6日に公開された日本映画。門田隆将著のノンフィクション書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作に、東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故発生時に発電所に留まって対応業務に従事した約50名の作業員たち・通称「フクシマ50」の闘いを描く。 ウィキペディア