舌側矯正(見えない矯正)

舌側矯正装置が歯の裏側につく矯正治療です。歯の裏側の形は歯の表側に比べ個人差が大きいので、その人の1本1本の歯の形に合わせて装置を作ります。また、舌側矯正装置は治療中他の人には見えませんが、それは治療する歯科医師にとっても同じことです。直接装置を見ることが困難なので想像以上に緻密で繊細さを要求されます。

みんなの歯並び矯正in金沢

舌側矯正のメリット・デメリット

メリット

気づかれない

近くで見ても、矯正装置をつけていることに気付かれにくく、誰にも気付かれることなく治療を終えることもできます。モデルやキャビンアテンダント、接客業など、人目を気にする必要がある職業に従事している方でも、仕事を続けながら治療することができます。

歯へのダメージが少ない

矯正の装置は特殊な接着剤を使って歯につけるのですが、どうしても歯の表面を傷つけてしまう傾向にあります。歯の裏側は表側よりも比較的丈夫ですので歯へのダメージを最小限にとどめることができます。

前歯の矯正(出っ歯の矯正)に有効

大きく前歯が出でているような場合(出っ歯)は、表側の矯正より舌側矯正の方が効果的に前歯を後ろに下げることができます。

デメリット

慣れないうちは、発音がしにくい

歯の裏側に矯正装置を取り付けますので、慣れないうちは発音がしづらい場合があります。矯正装置に慣れれば普通に発音することができますので、生活に支障がでるほどではありません。

舌側矯正

左:伝統的な舌側矯正治療装置。大きいため異和感が強い。
右:当院で使用している装置。非常に小さいため異和感が少ない。

処置の時間が長い

装置が見えないことは術者(歯科医師)にとっても同じことです。表側の矯正に比べ医院での処置の時間が長くなります。しかし、治療期間自体はほとんど変わりません。

表側の矯正より費用が高い

歯の裏側はデコボコで形が複雑なため患者さんひとりひとりに合わせて装置をつくる必要があります。このオーダーメイドの矯正装置をつくるのに手間がかかるため、費用が高くなります。 また、歯の裏側は見づらいので、歯を動かすために用いるワイヤーの調節に手間と時間がかかり、高度な技術が必要となります。

舌側矯正の実際の治療例

前歯の叢生と奥歯の反対咬合(叢生)

 

治療前

治療前

治療後

治療後

 
 

治療前

治療前

治療中

治療中

治療後

治療後

 
  • 患者さんの希望:  歯並びが悪いのが気になる
  • 診断名:      前歯部叢生
  • 治療を開始した年齢:31歳(女)
  • 使用した装置:   マルチブラケット装置 (リンガルブラケット)
  • 治療方法:     抜歯
  • 治療期間:     2年〜2年半
  • 費用の目安:    基本料金900,000円〜
  • 治療リスク:    歯根吸収の可能性があります。
              歯が移動する際に痛みや異和感があります。
              歯茎が下がる可能性があります。

治療しているのを気づかれたくない場合は裏側の装置をお勧めします。歯の裏側に装置がつくので気づかれることがありません。装置自体もかなり小さくなっているので不快感も少なくなりました。

△ページの先頭に戻る

インプラント セラミック治療 ホワイトニング
義歯(入れ歯) レーザー治療 一般歯科
予防歯科・定期健診    

子供たち集まれ!キッズクラブ「ハハハの会」のご案内

矯正オリジナルパンフレットをプレゼント