ツーショット

こんにちは。

にいざわ歯科医院の大橋です。

世の中は少し落ちついてきた感はありますが、気を緩めないようにしなければなりませんね。

私はもとよりお家時間が好きなので、相変わらず猫たちとの時間を楽しんでいます😍

゛猫たち゛とは生物、静物ともどもです🐱

というのは、知人には私の猫好きが知られているので、ありがたいことに猫グッズの頂き物がいろいろあるのです😸

これはうちの子と魔女の宅急便のキャラクターのジジ❗

これはうちの子とソファーに座った人の枕になってくれてる猫✨

こちらはどちらもうちの子💞

どちらも生物です😉

 

家にいるので

にいざわ歯科・矯正歯科医院副院長の外園です。

分からないことだらけのコロナウイルス。

外出できないのでストレスがたまります。

せっかく家にいるので何か出来ることはないかと思い、

最近何度か料理をしてみました。

私の料理の知識は、「大さじ一杯って何cc?」のレベルですが、

今の時代は便利です。

デバイスで調べれば料理関係の動画が沢山!

やはり動画は情報量が多く分かりやすいですね。

今回料理をして思ったこと・・・

・料理しているとそれだけでお腹がいっぱいになった気になる。

・家族が一口食べてから評価を言うまでの時間がすご~く長く感じる。

・味見したときよりテーブルに座って食べるときの方が美味しく感じる。

・作るのはそれなりに時間がかかるのに食べるのはあっという間。

毎日ご飯をつくってくれる妻に感謝。

 

 

 

 

にいざわ歯科医院の森下です

コロナ…

大変な事になっていますが…

当医院でも、出来る限りの感染防止

対策を行っていますが

当たり前の事ながら  〝完璧〟は

無いわけで…    

難しいところですね…

 

さて、数日前に親戚の方から

たけのこを頂きました

この時期になると頂くことが多いので

実は密かに、毎年期待して

待ってます💕

昨年は、不作だったようで

頂けず残念   (^^;;   でしたが

今年は立派な物を頂けました⤴︎

私の中では一番、『旬』を感じる

食べ物です!

新しい物なら  ちょっと面倒な

下処理なしでも調理できますが

今回は収穫から少し時間が経って

いるようだったので、通常通り

下処理から…

外出自粛で、家時間が長い今には

丁度良いかも… じっくりコトコト…

美味しい食べ方は色々ありますが

我が家では、昆布と一緒に煮物にして

食べるのが一番人気なので

今年もほぼ煮物にいたしました…

残りは天ぷらで…

美味しく頂きました(^^)

ゴールデンウィーク

こんな時期なので、家にこもって

あまり好きではない料理でも

頑張ってみようかと思います…

皆さまも充分気を付けて

楽しくお過ごしくださいね♪

T/C

こんにちは。

にいざわ歯科医院の大橋です。

桜は変わりなく咲いてますよね💮・・・

今は旅行がままならない状況ですが、旅の思い出に浸るのは自由。

私は最近、あるワードを目にしたことで、初めて行った海外旅行のことを思い出しました。

そのワードとは某新聞の2月ある日の”朝晴れエッセー”(600字程の投稿作品)のタイトル、

゛トラベラーズチェック(T/C)゛‼️

なんと懐かしい言葉😱思わず”死語?”って思ったほど。

ちなみに旅行小切手のことです。

このエッセーの作者52才男性は海外出張に行くことになったが、近頃の度重なる出費で懐が寂しい。思案していると、未使用のT/Cの存在を思い出す。T/Cは電子マネー全盛の今、販売も中止になっている。銀行に換金を依頼すると、若い行員さんが一生懸命マニュアルを調べ手続きをしてくれ、最後の一枚にサインを終えた時、初めて海外旅行に行った時のことを思い出したとのこと。

私もこの作者同様、初海外旅行(そして最後になるかも😅)のことを思い出しました。

しかもT/Cの苦い思い出😩

3か国周遊の2か国目ギリシャでのこと。

当時のギリシャ通貨ドラクマに換金するため銀行窓口に並んでいた時のこと。

バカで不慣れな私はうっかり、時間あるし・・なんて思って、思わず前もってT/Cにサインをしてしまったのです😱

小切手は行員さんの目の前でのサインが常識。

順番が回ってきた時、窓口のおば様行員に半ば呆れた感じでお叱りを受けました😅

でも換金はしてもらえた気がするのですが、あまりに昔すぎてそこは記憶があいまいです😓

 

 

 

映画 フクシマフィフティ50

院長の新澤です。

2011年3月11日に起こった福島原発事故は東日本を放射能汚染による半永久的な再起不能に陥りかねない事態となりました。何とか防ごうとする死と隣り合わせの事故現場の切迫感、悲壮感がリアルに伝わる力作です。

Fukushima 50』は、2020年3月6日に公開された日本映画。門田隆将著のノンフィクション書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作に、東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故発生時に発電所に留まって対応業務に従事した約50名の作業員たち・通称「フクシマ50」の闘いを描く。 ウィキペディア